2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2008

中小企業

公正証書

外国人

成年後見

消費者

その他

新年明けましておめでとうございます。 

2015-01-12
その他
「(昨年は)STAP細胞に始まり、STAP細胞に終わった」と、ある番組のコメンテーターが語っていた。年末の理研の記者会見の後、マスコミが騒ぎ出すと言うのならわかるが、STAP現象の有無が確認されない段階で大騒ぎしておいて、いざその発表となると、人々の関心は失われていたというのはいかがなものだろうか。しかもその間には、有為な人材が命を落としているのである。
一連の騒動の経緯は、1989年の常温核融合の時と極めてよく似ている。この時も、野心的な若手研究者と学会の重鎮が手を組んだが、ユタ大学の学長が、政府の補助金欲しさに時期尚早にもかかわらず、発表を急がせたのだ。当初二人の研究者は世界の注目を浴びたが、やがて追試が不成功に終わると、賞賛はパッシングへと変わり、結局二人とも学界から追放されてしまった。特に年長のフライシュマンは電気化学の大家で、ノーベル賞目前とまで言われた逸材だったのだ。ちなみに、常温核融合の国際学会は今なお存在し、三百人を超える研究者が参加している。STAP研究もやがて地下に潜り、常温核融合の時と同じような道を辿るのではないか。
ところで、再生医療の先駆となったクローン技術が脚光を浴びたのは、羊のドリーによってである。ドリーは2003年天国に行ったが、この東の果ての島国で起こった不可解な騒動を、どのような思いで眺めているのだろうか。


前の記事
小渕優子問題の闇
次の記事
フランステロ抗議デモへの違和感

-出張対応エリア 例-
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、 世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、 八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、 国分寺市、国立市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、西東京市