2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2008

中小企業

公正証書

外国人

成年後見

消費者

その他

新年明けましておめでとうございます。

2014-04-20
その他
昨年世界遺産に登録された富士山に一度だけ登ったことがあります。しかし、私が歩いた河口湖口ルートは、あたり一面に異臭が立ち込め、やがてそれが観光客を乗せた馬の排泄物によるものであることがわかりました。馬の糞が風雨に晒され粉塵となり、周囲一帯に飛散しているのでした。だから、今でも、富士山の美しい映像を眺めると、この時の嗅覚の記憶が蘇ってくるのです。
しかし考えてみれば、馬が交通手段の一つであった時代には、この臭気はごく自然に生活の中に溶け込んでいたのかもしれません。馬は、交通ばかりでなく、農耕、戦闘、通信、賭博、遊戯、食糧の手段としても用いられ、これほど多様に人類に貢献してきた動物は他に例がありません。その割に、日本では、「馬の耳に念仏」「馬脚を露わす」、あるいは「馬鹿」といった言葉に見られるように、不当に貶められてきた感があります。木曽馬など日本に古来からいた馬は身長130㎝程の小ぶりの馬で、我々が一般に思い浮かべる身長160㎝以上もある競馬馬が輸入されたのは、明治になってからのことです。故に、時代劇などにおける早馬や合戦のシーンは、すべて虚妄だとする研究者もいる位です。 
そして、縄文時代から人々の記憶の深層に刻みこまれてきた在来種の馬のイメージが、不当評価の一因になっていたのかもしれせん。しかし古来の馬は、戦さや早馬には向かなかったとは言え、農耕などでは立派に役だって来た訳ですから、不当に貶められていいはずがありません。今年は、人類の共生者としての馬に対する感謝と敬意の念を忘れないようにしましょう。
「オン アミリトドハンバ ウン ハッタ」(馬頭観音の真言)


前の記事
新年明けましておめでとうございます。
次の記事
STAP陰謀説

-出張対応エリア 例-
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、 世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、 八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、 国分寺市、国立市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、西東京市